089-909-4690

[診療時間] 9:00~13:00/14:30~18:30 [休診日]水曜・日曜・祝日

しろくまコラム
Column
よくあるご質問

フッ素は誰にでも効果がありますか?

フッ素はどなたでも効果がありますが、特に効果が得られやすい歯があります。

乳歯や生えたばかりの永久歯です。これらの歯は歯の表面のエナメル質がまだ不完全で、むし歯にかかりやすい反面、フッ素による良い影響も受けやすいためです。そのため、生まれて初めて歯が生えてから、中学校を卒業するくらいまでの間は特にフッ素を使用することが有効といえます。もちろん、大人の方にもしっかりと効果があります。

 

category : よくあるご質問 | posted at 2020.8.4

フッ素はどのくらい塗ればよいですか?

フッ素にはスーパーやドラッグストア等で購入できるものと、歯科医院でしか扱っていないものとがあります。

これらの違いはフッ素濃度です。

スーパー等で売ってある歯磨き粉に含まれるフッ素の濃度は1~1450ppmであるのに対し、歯科医院で塗布するフッ素の濃度は9000ppmとなっています。

フッ素が最も効果を発揮するのは、毎日低濃度のフッ素入り歯磨き粉を使用し、さらに年に2~3回は歯科医院で高濃度のフッ素を塗布することです。こうすることでむし歯予防効果を高めることができます。

category : よくあるご質問 | posted at 2020.7.29

フッ素はなぜ歯によいのですか?

歯の表面はエナメル質という非常に固い組織で覆われています。しかしエナメル質は酸には弱く、溶けて壊れやすい性質があります。むし歯菌の出す酸の影響で歯はすぐに溶けて穴があいてしまいます。これがむし歯です。

そこで役立つのがフッ素です。フッ素を歯に塗るとフッ素イオンがエナメル質と結合し、酸に溶けにくい安定した構造に変化します。

また、むし歯菌の中にフッ素が入り込み活動を阻害します。むし歯菌が酸をつくる力を抑制するのです。

さらに、フッ素は穴が開く前の初期の虫歯を修復する作用もあります。

つまりフッ素は歯を強くしたり、むし歯菌の活動を抑えたりすることで、むし歯予防に非常に有効であるといえます。

category : よくあるご質問 | posted at 2020.7.20

〒791-1101 愛媛県松山市久米窪田町877-1

089-909-4690
診療日 日祝
午前:09:00 〜 13:00 -
午後:14:30 〜 18:30 -

休診日:毎週水曜、日曜、祝祭日 ※ただし水曜日は訪問診療

予約の患者さんの時間の設定、使用する治療器具はお一人お一人の内容に合わせて滅菌消毒し、前もってスタッフ一同準備しています。やむを得ずキャンセルされる場合や当日遅刻が予測される場合は、なるべく早くご連絡くださいますようお願いいたします。