089-909-4690

[診療時間] 9:00~13:00/14:30~18:30 [休診日]水曜・日曜・祝日

当院について
Introduction

しろくま歯科 院長 菊池 利季(きくち りき)

しろくま歯科 院長
菊池 利季(きくち りき)

ご挨拶

しろくま歯科 院長 菊池 利季(きくち りき) はじめまして、久米窪田町にしろくま歯科を開業しました、菊池利季と申します。
 
私は高校時代、歯みがきを怠ったせいで、むし歯の痛みに苦しんだことがあります。近所の歯科で治療してもらいましたが、治療の時の麻酔がかなり痛くて途中で行くのをやめようかと思ったことがありました。
 
一般的に歯科医院というと、痛い、怖い、何をされてるかわからない、といった負のイメージをもたれることが多いと思います。私はそのようなイメージを180度転換させた医院をつくりたいと考えています。
 
痛みの少ない麻酔方法や歯の削り方を行うことで、なるべく痛みを感じないように配慮しています。また専用のカウンセリングルームを設け、治療内容の説明を行ったり患者さんのご希望をしっかりとヒアリングしたりして、信頼関係の構築に努めています。歯科は嫌な場所ではなく、安心して通院していただける場所だと思っていただきたいです。
 
当院では、従来の治療方法である金属を詰める治療は極力行っておりません。歯は削れば削るほど寿命が短くなっていきます。金属を詰めるにはむし歯になってしまった範囲よりもさらに大きく削って型を取ります。
 
当院で行っている治療は、むし歯の部分だけを削り、そこに白い半液体の薬品を注入した後、特殊な光線を照射して固めるといった治療を行っています。この治療のメリットは削る量が少ないこと、白く治せること、治療期間が短いこと等です。もちろん保険が適用されます。
 
痛みの激しいむし歯では、神経を取る治療が必要になります。神経を取ると痛みは楽になりますが、その歯の寿命は著しく短くなります。神経のことを我々は歯髄(しずい)と呼びますが、歯髄は歯に栄養を与えてくれています。歯髄を失った歯は、木で例えるなら枯れ木と同じことなのです。当院では可能な限り歯髄を温存するための特殊な薬剤や手技を用いた治療を行っております。
 
なぜここまで歯を長持ちさせることにこだわるかというと、勤務医生活の中で訪問診療に出向く機会に多く恵まれたのですが、高齢者施設で診療すると歯が多く残っている高齢者とそうでない方の全身状態や認知状態があからさまに違っていたからです。歯の少ない方は満足においしい食事ができません。脳への血流も低下します。それは体力、認知力、QOL(生活の質)の低下に直結します。そしてみなさん歯を大切にしておけばよかったと後悔されています。
 
一本の歯の治療から患者さんの人生の最後まで関わっていけることに、誇りと緊張感を持って毎日診療に取り組んでいます。


院長プロフィール

1981年
松山市に生まれる
1999年
愛媛県立松山東高等学校卒業
2007年
国立鹿児島大学歯学部卒業
2007年
愛媛大学病院歯科口腔外科勤務
2008年
しばた歯科勤務
2015年
医療法人順風会天山歯科 
院長として勤務
2019年
しろくま歯科 開院
所 属
日本歯科保存学会
日本小児歯科学会
趣 味
パン屋めぐり (あんぱんが一番好きです)
ピアノ (大人になってから始めました)
水泳 (健康のために続けています)

しろくま歯科の
診療理念

1
なるべく削らない、なるべく抜かない、なるべく痛くない

治療の様子 しろくま歯科ではMI治療を行います。MIとはMinimal Interventionの略で「最小限の侵襲」という意味になります。できるだけ歯を削らず、神経を残し、生まれ持った歯を大切にしようという治療法です。
従来の治療では、金属の詰め物を入れるために虫歯ではない部分まで大きく削る必要がありました。また詰め物と歯の隙間から虫歯菌が侵入するため再び虫歯になるリスクも高く、さらに大きく削って神経を取り、最後には歯を抜くという結果になりがちでした。当院ではMIの原則に沿って虫歯になった部分だけを削り、そこに白い詰め物(コンポジットレジン)を歯に直接充填します。

虫歯だけ削ったところです

虫歯だけ削ったところです

金属の詰め物を入れる場合は青線のようにさらに大きく削り

金属の詰め物を入れる場合は
青線のようにさらに大きく削り


このように金属が入ります

このように金属が入ります

当院では可能なかぎり歯を削らず、このように白く治療します

当院では可能なかぎり歯を削らず、
このように白く治療します

こうすることで患者さまにとって以下のような多くのメリットがあります。

  • 削る量が少ないので歯の寿命が延びる
  • 削る量が少ないので治療中の痛みが少ない
  • 歯と白い詰め物の間にすき間ができにくく、再び虫歯になりにくい
  • 銀ではなく白く治療できるので見た目がきれい
  • 型取りを行わないため、治療回数や期間が少なくてすむ
  • 医療保険の範囲内で治療可能
治療の様子

2
きちんと説明を行います

きちんと説明を行います 虫歯や歯周病になってしまった原因、治療方法、治療期間などわからないことがないよう、納得いただけるまでしっかりと説明いたします。
言葉だけでなく様々なツールを用いて、目で見える形でわかりやすく説明します。

3
衛生面には特に配慮します

衛生面には特に配慮します お口に入る器具は患者様ごとに洗浄、消毒、滅菌します。歯を削る機器の使い回しは行いません。グローブ、タオルはすべて患者様ごとに交換します。診療チェアーも毎回患者様ごとに消毒液を用いて清掃します。安心して治療を受けていただけます。

4
スタッフ全員が笑顔で対応します

スタッフ全員が笑顔で対応します 患者さまの不安な気持ちを少しでも和らげることができるよう、 明るい笑顔とあいさつでお迎えします。

〒791-1101 愛媛県松山市久米窪田町877-1

089-909-4690
診療日 日祝
午前:09:00 〜 13:00 -
午後:14:30 〜 18:30 -

休診日:毎週水曜、日曜、祝祭日 ※ただし水曜日は訪問診療

予約の患者さんの時間の設定、使用する治療器具はお一人お一人の内容に合わせて滅菌消毒し、前もってスタッフ一同準備しています。やむを得ずキャンセルされる場合や当日遅刻が予測される場合は、なるべく早くご連絡くださいますようお願いいたします。